7万人登録突破!
メニューを開く
家庭教師登録フォーム(無料)
家庭教師に向いている人とは?

家庭教師に向いている人とは?- 向いていない人の特徴も解説! -

家庭教師バイトに興味はあるけれど、自分って向いているのかな?やったことないからよく分からない…と不安に思ってなかなか踏み出せない方も多くいらっしゃると思います。
そこで今回の記事では家庭教師に向いている人の特徴を徹底解説します!
この記事を読めば家庭教師の適性について分かりますので、実は自分に向いていると発見があるかもしれませんし、今は向いていないと思っても、向いている人の特徴を参考にすることで理想の家庭教師に近づくことが出来るはずです。是非最後まで読んでくださいね。

家庭教師に向いている人

家庭教師に向いている人の特徴はどのようなものがあるのでしょうか。家庭教師は若ければ誰でもできるというわけではありません。この項目では、家庭教師に向いている人の特徴を理由を交えてお伝えします。

子供に好かれる人

まず第一点に子供に好かれるというのは、家庭教師を行う上で非常に重要です。
子供に好かれるということは自然と関係性がうまく作れるため、子供からも親御さんからも信頼を置かれる存在になるからです。指導を行う上でこの信頼は非常に重要です。
信頼は指導効果に直結しています。信頼の土壌の上に、指導というものがあるので何もしなくても子供に好かれるという人は大きな天性の才能と言えるでしょう。

子供との距離を適度に保てる人

子供に好かれるという点と相反すると思われるかも知れませんが、子供との適切な距離をとることも重要です。子供に好かれようと甘い指導をしてしまうと、子供自体に甘えが生じます。
この先生だったら宿題をやらなくても大丈夫だ、と思われてしまったら適切な指導は行えないですよね。子供にただ優しく仲良く接するだけではなく、適切な距離を保つことができるのも家庭教師に向いている人の特徴です。

何事にも興味を持てる人

子供はたくさんのことに興味を持っていて、それを先生に話そうとしてきます。先生がその話に興味がなかったらどうでしょうか。この先生に話しても無駄だなとなってしまいますよね。これでは進路指導の際に、その生徒が何に興味を持っているのか上手く引き出せなくなってしまいます。
今起こっているあらゆることに興味を持てる人も家庭教師に向いています。

家庭教師に向いていない人の特徴

では、家庭教師に向いていない人の特徴はどのようなものがあるのでしょうか。一つでも当てはまった人は注意が必要ですが、前の項目を見て改善すれば大丈夫です。まずは当てはまる項目がないかチェックしてみましょう。

自分のことばかりを話してしまう人

自分のことばかりを話してしまう人は要注意です。子供は子供自身の話を聞いてほしいのに、先生が自分のことばかり話してしまうとうんざりしてしまいます。子供の話を引き出すためにも、必ず相手の話を聞くというスタンスを持つようにしましょう。

子供の立場を考えられない人

子供の立場を考えずに発言を行う人も要注意です。世代はあまり離れていませんが、今の子供達を取り巻く状況は非常に激しく動いています。自分たちの考えを元に発言してしまうと子供からの信頼を損なう可能性もあります。
まず、今の子供たちがどのような状況に置かれているのかを理解し、分からないことがあれば調べてから発言することを心がけましょう。

ポイントまとめ

いかがだったでしょうか。

今回の記事のポイントは以下の通りです。

・子供に好かれることは家庭教師において天性の才能
・向いていない特徴を持っている人は改善すればいい
・相手のことを考えるスタンスは非常に大切

家庭教師は誰しもができる簡単な仕事ではありませんが、向いていない特徴を自覚して取り組めばチャレンジできる仕事でもありますし、これから社会人になる人にとって重要なコミュニケーション能力を高める良い機会にもなります。
しっかりと準備をして家庭教師という仕事を楽しんで下さい。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

新着記事