7万人登録突破!
メニューを開く
家庭教師登録フォーム(無料)
家庭教師バイトに学歴は必要なのか?

家庭教師バイトに学歴は必要なのか?- 実はそれよりも重要なこと! -

家庭教師バイトと聞くと、先生と呼ばれる職業につくのだから学歴とか必要になってくるのではないかと考えてしまうものですよね。しかし、そんなことはありません。学歴よりも重要なことはたくさんあります。そこで、今回の記事では、家庭教師バイトと学歴の関係について解説します。
この記事を読むと、家庭教師バイトに何が結局必要なのか分かりますので是非最後までご覧ください。

家庭教師バイトは高学歴じゃないとできない?

家庭教師は難関大学出身者ではないとできないのかというと、そのようなことはありません。家庭教師を行うのに絶対的に必要なのは相手への配慮とコミュニケーション能力です。この二つがないと、例え学歴が高くとも指導効果が現れず先生側、生徒側両方に不信感が募ってしまいます。この二つについてここでは詳しく解説していきます。

家庭教師バイトは生徒への配慮から始まる

家庭教師バイトでは学歴うんぬんの前に、生徒への配慮から始まります。家庭教師を依頼する生徒はほとんどの場合、学校の授業についていけず、どうやって勉強しなければいけないのかも分からない生徒ばかりです。
ここで、「何故、できないのか分からない」という家庭教師の先生が来たらどう思うでしょうか。答えは簡単で完全に委縮してしまい、成績に逆に悪影響を与えてしまいます。
ここで、まず大事なのは生徒に寄り添ってあげる心です。勉強が出来ない気持ちが分かるというのが一番重要です。ここをスタート地点にして指導が始まり、信頼関係へと結びついて行きます。

信頼関係を構築するにはコミュニケーションが不可欠

相手の心を理解してあげても、先生が何を思って指導をしているのか、生徒が今何を考え勉強しているのか、そして親御さんが生徒にどうなって欲しいのかを話したり、聞いたりしないことには信頼は生まれません。何気ない会話こそ、相手の本心が聞けることが多いです。
この何気ない会話をするためには、コミュニケーション能力が必須です。自分のことばかりを話してしまったりなどはNGです。何気ない会話から、相手が悩んでいることなどを掬いあげ、一緒になって考えてあげることで信頼関係は徐々に構築されていきます。

学歴は必要ないわけではない

家庭教師を始める上で、学歴はあまり必要ではありません。しかし、受験指導の場面や、難関高校・難関大学を目指す生徒の指導の場面で学歴は効果を発揮します。でも、その効果に関しても相手との信頼関係の上に立っていないと全く意味をなしません。
家庭教師の学歴の考え方は、まず相手との信頼関係がしっかりと出来上がっているかが先にきて、そのあと学歴による効果が上に詰まれるイメージです。もちろん、学歴がなくても、勉強の指導は自分の努力しだいでいくらでも対応可能です。学歴は指導可能範囲の証明程度にとらえ、とにもかくにも、生徒と親御さんとの信頼関係獲得に向けた行動が重要になってきます。

まとめポイント

いかがだったでしょうか。

今回の記事のポイントは以下の通りです。

● 家庭教師を始めるには学歴は必要ない
● まずは相手とのコミュニケーションをしっかりととること
● しっかりとしたコミュニケーションのもと、やっと学歴の効果が発揮される

家庭教師バイトを始めるにあたって学歴は非常に気になるところですよね。でも、まず大事なのはコミュニケーションです。生徒に対してどれだけ寄り添え話せるのかが一番重要なポイントです。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

新着記事