7万人登録突破!
メニューを開く
家庭教師登録フォーム(無料)
家庭教師バイトに本当に必要な3つのこと

家庭教師バイトに本当に必要な3つのこと

家庭教師のバイトに初めて応募しようと考えている方は不安でいっぱいですよね。興味はあっても、これから家庭教師として自分は本当にやっていけるのか、考え込んでしまう人もいると思います。そこで今回の記事では、家庭教師のバイトに本当に必要なことを解説します。
この記事を読むことで、家庭教師を行っていく上での基本姿勢が分かり不安も和らぎます。家庭教師が何を基準に行動するのかも解説しますので是非最後までご覧ください。

家庭教師バイトで本当に必要なこと

家庭教師のバイトを初めて行う上で不安なことはたくさんあります。どのように生徒に勉強を教えてあげたらいいのだろう、どんな会話をしてあげればいいのかなど不安はつきません。
そこで、この項目では、自信をもって家庭教師を行う上で、もっとも必要なことを三つ解説していきます。

1.生徒の分からないに寄り添ってあげること

第一に必要なことは生徒の分からない気持ちに寄り添ってあげることです。寄り添うとは、「分かってあげる」「理解する」と言い換えることもできます。生徒に勉強を教えることよりも大切なことです。
なかなか成績が上がらず、何をしたらいいのかも分からない状態の生徒がたくさんいます。家庭教師のバイトではまず、その悩みに寄り添ってその生徒を理解してあげることが基本的な行動となります。

2.親御さんの不安を取り除いてあげること

生徒と同様、親御さんも自分のお子さんの学業のことで頭が一杯です。親御さんには常に不安が付きまとっていることを念頭に置いておくとよいでしょう。その不安を取り除くことも家庭教師の仕事の一つです。
家庭教師を始めたばかりで、テストもまだといったときには、学習の進捗報告とともに生徒の良いところも報告するとよいでしょう。特に親御さんの目につき辛い良いところを伝えることは今後の指導にも良い影響を与えます。

3.家庭での態度を変えてあげること

親御さんの不安を取り除く上でもう一点あるのが、生徒の自宅での態度を変えてあげることです。例えば、全く宿題をやっていなかった生徒が一生懸命宿題に取り組む姿を親御さんが見たらどう思うでしょうか。嫌な顔をする親御さんはいらっしゃらないことは容易に想像がつきますよね。
宿題を一生懸命する、というような大きな態度変容は実際には難しいのですが、生徒の小さな行動の変化を親御さんは見逃しません。学業にとって好ましい態度の変化は成績を上げる下地になり、それと同時に親御さんの不安を和らげる効果もあります。

家庭教師は何を指針に行動するのか

家庭教師の行動指針の中心は生徒と親御さんの悩みや不安に寄り添って、少しずつ改善していくことにあります。この考え方を理解すると、家庭教師として様々なやるべきことが見えてきます。やるべきことが分かるというのは指導する上で重要なことです。
なぜなら、思い浮かんだやるべきことを一つずつ毎回の指導のテーマとすると、自信を持って生徒の指導や親御さんへの報告ができるからです。自信に裏打ちされた指導や報告は信頼獲得のための重要な要素です。

まとめポイント

いかがだったでしょうか。

今回の記事のポイントは以下の通りです。

・家庭教師は子供の分からないに寄り添ってあげること
・親御さんの不安を取り除いてあげること
・生徒の態度を変えることで、成績アップの下地ができ、親御さんの不安を取り除ける

家庭教師のバイトに初めて応募しようとするときに、やるべきことの指針が明確になっていると応募しやすいですよね。家庭教師の仕事は関わった人の不安を取り除くことです。これを元に考えると、色々とやるべきことが思いつきます。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

新着記事