7万人登録突破!
メニューを開く
家庭教師登録フォーム(無料)
先輩家庭教師の失敗談

先輩家庭教師の失敗談- 成功例についても解説! -

家庭教師バイトを行っていくうえで、先輩家庭教師から失敗したことや成功したことを聞きたくなりますよね。特に失敗談は聞きたくなってしまいます。
そこで今回の記事では、家庭教師を行っていく中での失敗例とその改善策を解説していきます。成功事例も合わせて紹介していきますので是非最後までお読みください。

家庭教師の失敗例

この項目では、家庭教師の失敗例について詳しくお話します。家庭教師は意外と細かい所まで気を配らないといけないことが分かります。特に相手の話をしっかりと聞くことや、単元ごとに理解度のチェックをしていかないと、やったつもりになってしまうので注意してくださいね。

宿題の提出率が悪く、成績が思うように上がらなかった

生徒に出した宿題がやってもらえず、思うように成績が上がらなかったという失敗があります。この失敗は非常に多く、家庭教師をしている間、どうしたら宿題をやってきてくれるのだろうと頭を悩ませるものです。
家庭教師をしている間だけ勉強をしていても、決して成績はあがりません。特に小・中学生は継続的な学習習慣をつけさせるのも先生の役目になります。
出来なかった時にはなぜ出来なかったのかを生徒さんと一緒に考えてきちんと原因を突き止め、出来る範囲に修正しながら細かく目標を設定し、出来たところをきちんと褒めてあげ、その積み重ねで少しずつでも家庭学習が習慣づくことを目指しましょう。

親御さんとのコミュニケーションが上手く取れなかった

親御さんとのコミュニケーションが円滑に取れなかったという失敗もあります。これは、家庭教師側に要望を伝えたのに行ってくれなかったという風に信頼を損なってしまう可能性もあるので出来る限りご家庭の意思に沿う形で指導を行いましょう。
家庭教師を行う際には、必ずメモ帳を持参し、何を行って欲しいのかを書きとめる習慣付けを行うと良いでしょう。

理解度を測らずに進んでしまった

初めての家庭教師だと単元の理解度を確認せずに先に進めてしまったという失敗があります。単元ごとの理解度チェックは必ず行いましょう。これを怠ると定期テスト前になってどこで躓いているのかが分からないという状態になってしまいます。
躓いている部分の発見に時間をかけてしまうと指導に時間をとれなくなり、結果的に点数ダウンを招いてしまいますので注意が必要です。

家庭教師の成功例

家庭教師を行っている上で特に成功を感じられるのは、生徒がきちんと結果を出してくれたときです。結果を残すためには、勉強を教えるだけでなく普段の学習の習慣付けなどが重要になってきます。その成功の事例をここでは紹介していきます。

大幅な成績アップを達成

合計点100点アップという大幅な点数アップを達成する成功の裏には、細かな理解度チェックや家庭学習の積み重ねが必要になってきます。
英語や数学などの理解が必要な教科は理解度チェックで躓きを一つずつ潰していきます。また、理科や社会、国語の漢字などの暗記科目は宿題の中にうまく組み込み、家庭学習で量をこなすように指示をします。
結果的に毎日の勉強量が増えると大幅な点数アップにつながるので、上記2点を徹底すると良いでしょう。

第一志望校に合格!

高校合格は家庭教師実績の総まとめです。その中には、前の成績アップで解説した項目に加えて親御さんと生徒の意見のすり合わせ、つまり進路指導も含まれてきます。受験で不安になる親御さんと生徒両方のモチベーションを維持するのも先生の重要な役割です。
時にはご家庭の要望を聞き、こちらから提案を行う場合もあります。
どうしてその志望校にしたのか、将来どうなりたいのか、相手の気持ちをきちんと理解し、ご家庭とコミュニケーションをとりながら一緒に考えていくことが大切です。
あなたの行動一つ一つが、親御さんと生徒の不安を和らげるはずです。

ポイントまとめ

いかがだったでしょうか。

今回の記事のポイントは以下の通りです。

・家庭教師は細かい所にも目をくばらないと失敗が起きる
・理解度チェックと家庭学習の積み重ねがカギ
・ご家庭との密なコミュニケーションは重要

家庭教師は毎回の授業が勝負となります。毎回毎回のちょっとした確認がのちの大きな失敗や成功に関わってくるからです。この点に注意しておくと、焦ることなく家庭教師で実績を残せますよ。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

新着記事