7万人登録突破!
メニューを開く
家庭教師登録フォーム(無料)
家庭教師バイトでの身だしなみついて!

家庭教師バイトでの身だしなみついて!- 肌を見せないことを基本に! -

家庭教師バイトを行う際の服装って何を着ていけばいいのか気になりますよね。スーツがいいのか、それともカジュアルでいいのか悩みどころです。そこでこの記事では家庭教師の身だしなみについて解説します。
これを読むと、家庭教師バイトの基本的な身だしなみの考え方について分かるので是非最後までご覧ください。

家庭教師バイトでの身だしなみ

家庭教師バイトでの服装規定については多くの家庭教師センターでマニュアルが用意されています。その服装規定に共通するのは肌の露出を極力減らして、清潔感を保つことです。もし仮にマニュアルに記載されていなかった場合にも、この共通することを軸に考えれば簡単に服装を選ぶことができます。ここではその理由について解説していきます。

肌の露出をおさえる理由について

肌の露出は人に嫌悪感を与えます。家庭教師のバイトといってもご家庭からお金を貰っている以上、必要以上の肌の露出は抑えるようにしましょう。
例えば、夏に半袖を着ることはNGではありません。しかし、大きく胸元が見えるV字カットのTシャツはNGです。逆に夏の暑い日に冬に着るようなパーカーを着るなどの季節感のない服装は生徒に疑問や不安を抱かせるのでNGとなります。
基本的な季節感はスーツを参考にすると良いでしょう。6月あたりからクールビズルックに切り替わっていくのでそれに合わせて半袖を着用するようにすると違和感なく切り替えができるようになります。

清潔感について

清潔感は仕事をする上で非常に大切なものです。特に家庭教師という信頼が重要な役職であればあるほど重要になってきます。清潔感のある服装については簡単で、汚れがなくシワがないことに注意すれば大丈夫です。家庭教師として生徒と過ごす時間は長期に渡りますので、ふと手を抜きがちになることもあると思いますが、毎回の授業が初対面であると考えるくらいの気遣いを忘れずにいるとよいでしょう。
人は見た目が9割という言葉があるように、信頼を得るためにまずは形から入ることも大事です。

こんな服装はNG

上記の理由を考えると簡単にNG例が思い浮かぶと思います。極端に短いスカートや、胸元を見せるシャツなどはNGの例としてイメージが簡単につきます。また、ワイシャツでもしわがついていたりする場合にはNGとなります。汚れがついているものは言わずもがなですね。

気になるニオイにも注意を

ご家庭へ伺ったり、生徒さんを指導する上で意外と気になるのがニオイです。夏だからといって、あまりにも汗びっしょりでご家庭に伺うのはマナー違反です。真夏の時期はなかなか難しいと思いますが、制汗シート等で汗をきちんと拭いてなるべく清潔な状態にしてから伺いましょう。
タバコも衣服や髪の毛に付着するとニオイを残します。ご家庭に伺う直前に吸ったりしないように気をつけましょう。
また、お酒やニオイの強い料理などは翌日まで口臭として残ることもあります。自分で想像している以上に残るのがニオイです。指導に伺う直前や前日などは気をつけてみてください。

成績アップは信頼感から

成績アップには生徒と家庭教師の間に信頼関係があることが重要です。信頼関係がなければ指導を行っても生徒が約束を守ってくれないからです。その信頼関係の第一歩になるのが見た目であり、服装です。
家庭教師バイトでの服装で重要なのは、個性を発揮するというよりも安心感を生徒に与えてあげることなので、着たい服を着るのではなくあくまで生徒主体の服装選びを心がけるとよいでしょう。

まとめポイント

いかがだったでしょうか。

今回の記事のポイントは以下の通りです。

・肌の露出を極力抑えること
・清潔感を保つこと。ニオイも注意!
・身だしなみからも信頼関係は構築できる

家庭教師は裁量が任されている分、自分で服装も決めることになります。服装について迷ったときは、まず信頼してもらうためにはどうしたらいいかを考えるようにしてみるとよいでしょう。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

新着記事