7万人登録突破!
メニューを開く
家庭教師登録フォーム(無料)
家庭教師バイトは勉強できなくてもできる?

家庭教師バイトは勉強できなくてもできる?- その理由を解説! -

家庭教師バイトは高学歴でなくても勉強が出来なくても応募することができます。でもやっぱり勉強できないと…と考える人が多いと思います。そこで今回の記事では何故家庭教師バイトは勉強ができなくても出来るのかを解説します。是非最後までご覧ください。

家庭教師バイトは勉強ができなくてもできます

家庭教師バイトは勉強ができなくてもできます。その考えられる理由として、「生徒とのコミュニケーションが第一」「解答・解説がある」「勉強できるようにしてあげることが仕事」という3つのポイントがあります。勉強ができるからといって家庭教師がつとまるわけではなく、まずは生徒によりそってあげられるかがポイントになってきます。

生徒とのコミュニケーションがとれること

家庭教師バイトで基本的に最初に見られるのは、生徒とコミュニケーションがとれるかどうかということです。勉強ができていても、生徒とコミュニケーションがとれない家庭教師の先生は、基本的に親御さんからNGが出ることが多いです。
家庭教師の指導が終わった時、お子さんが笑顔でいるかどうかを親御さんは非常に見ています。もし、暗い顔で終わっていたらこの先生に任せて大丈夫かしらと思ってしまいますよね。
コミュニケーションをとれているという基準は、生徒の苦手や勉強嫌いに寄り添ってあげられているかどうかです。特に勉強に苦労を感じたことのない先生だとこの点において、分かってあげられないということもあります。その“分かってあげられない“は生徒に必ず伝わってしまうので注意してくださいね。

解答・解説が準備されているから基本的に困らない

家庭教師を行う際に勉強を教えると言っても特別に講義をするのではなく、学校のワークや家庭教師センターで準備している教材を用いて授業を行う場合が多いため、自分で問題を考える必要はありません。
そのため、もし分からなかったとしても、生徒が問題を解いている間に先回りして解答解説を読み、解き終わってから分かりやすく解説をしてあげるということが可能となります。
ただし誤解してはいけないのは、あくまでも最初の段階ではそのように対応すれば良いとしても、家庭教師を行っていくうちに徐々に慣れていかないといけないということです。ここを間違わずに、しっかりと先生自身も予習・復習を行っていくことが大事ですよ。

勉強ができるようにしてあげることが仕事

先生の大きな仕事は生徒自身の勉強ができるようにしてあげることです。あくまで、主役は生徒で、生徒自身がきっちりと勉強し努力することで点数アップや志望校合格という結果につながるのであり、家庭教師はそのサポートをする仕事です。
勉強を教えることにかかりきりになっていると勘違いしがちですが、いかに指導時間以外の家庭学習のモチベーションを上げてあげられるかがカギになります。
家庭教師を行ってあげられる時間は意外と少ないものです。その他の時間は生徒自身で勉強をしないといけないことを忘れないようにしましょう。

まとめポイント

いかがだったでしょうか。

今回の記事のポイントは以下の通りです。

・生徒とのコミュニケーションがとれるかがもっとも重要
・問題は解答・解説を見ながら解いてもいい
・生徒が自ら勉強できるようにすることが先生の役目

家庭教師バイトは、勉強ができなくてもできます。しかし、家庭教師バイトを続けるうちに自分も勉強して理解を深め、生徒に分かりやすく解説することができるようになると、よりやりがいを感じられるようになりますよ。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

新着記事