7万人登録突破!
メニューを開く
家庭教師登録フォーム(無料)
家庭教師バイトの注意点とは

家庭教師バイトの注意点とは- プロであることを意識しよう! -

家庭教師を行っていく上での注意点はたくさんありそうですよね。その注意点を全て押さえるのは難しそうと感じてしまう方も多いと思います。そこで今回の記事では家庭教師の抑えるべき注意点を徹底解説します。この記事を読むと、家庭教師としてどう働けば良いかが分かってくるので是非最後までご覧ください。

家庭教師バイトはプロであるということ

家庭教師バイトと聞くと、バイトという意識が心のどこかであるかもしれません。時給でお仕事をしている以上、仕方がないことかもしれませんが、プロであるという自覚を持つと色々な注意点に対処することができます。
ここでは、プロであるという自覚を持っているとどういった注意点を回避できるのか3点解説していきます。

生徒に対して分からないと答えないこと

教務の面でどうしても解説をできない問題が出てくるかもしれません。しかし、そういった場面で分からないという発言をすると信頼の低下につながります。プロである以上何かしらの解答を生徒にする必要があります。
分からない問題に対しての対処法としては、まずすぐに答えてあげられないから次回必ず答えるという約束をすることです。そして、その約束を守れば信用の低下には繋がりません。プロであっても分からないことは出てきます。そういったときには分からないと断ったり適当に答えるのではなく、時間をもらってもきちんと正しい回答をするという姿勢が必要です。

生徒の状況を常に考えること

親御さんから突発的に今のお子さんの状況を聞かれることは多々あります。その時にしっかりと自分の言葉で答えられるかどうかでも、ご改定からの信頼度は変わってきます。そこで重要なのは、常日頃からどういう風に成長しているのかということを観察することです。心配な所も合わせて伝えると、生徒行動の改善にもつながるのでこちらも要チェックしておきましょう。
また、親御さんの要望を満たしているかも常にチェックする姿勢を怠らないようにします。そうしておくことで、いついかなる時に相談を持ちかけられても対応できる心の余裕が出来てきますよ。

考えられる事象はあらかじめ相談しておくこと

たとえば、生徒が宿題をやってきておらず、それが何回も続いているという場合に親御さんに相談しないのは家庭教師としてNGです。そして、親御さんに伝える際には、生徒のマイナスのことだけを言うのではなく、プラスになることも合わせて言うと効果的です。
出来ていることと比較して、ここを改善すればもっと成績があがりますよという風に伝えると効果的です。
このように、成績低下の可能性が考えられるときには事前に行動を起こすことが非常に大切です。待ちの姿勢は家庭教師の先生にとっても親御さん・生徒にとっても良いことは何一つありません。自分から主体的に相手のことを考えることが求められるということを覚えておきましょう。

まとめポイント

いかがだったでしょうか。

今回の記事のポイントは以下の通りです。

・家庭教師の先生はプロであるということ
・出来ない・答えられないということがあってはいけない
・常に能動的に動くこと

家庭教師バイトは親御さんにとってプロに相談しているという意識を持たれます。そしてその意識に則って行動を起こすことでたくさんの注意点をクリアすることができます。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

新着記事