7万人登録突破!
メニューを開く
家庭教師登録フォーム(無料)
家庭教師バイト志望動機はどう書く?

家庭教師バイト志望動機はどう書く?- 他のバイトと何が違う? -

家庭教師バイトの面接において志望動機は非常に大切です。それは、能動的に動くことができる人材かどうかを見られるからです。通常のバイトでは、受動的に作業をこなせば時給が入りますが、家庭教師は違います。そこで、家庭教師バイトにおける志望動機は何を基準に考えればいいのかをこの記事では解説します。この記事を読むと、志望動機に書くべきポイントが分かりますので是非最後までご覧ください。

能動的に動けることをアピールする

家庭教師バイトのポイントは自分で考え自分で行動できるかをアピールできるかによります。この理由は、家庭教師が生徒の状況や保護者の要望に応じて動くことが多く、自分で判断することが多いバイトだからです。そのため、通常のバイトとは異なりしっかりと自分で動く経験を伝えられるかがポイントとなります。

まず大前提として教えることが好き・子供が好きであることを伝える

家庭教師の志望動機の書きはじめは大前提を書くところから始まります。子供が好きであったり、教えることがもともと好きでないと勤めること自体が難しくなってしまうので、まずこの点をしっかりと伝える文面を作りましょう。
能動的に動ける点をアピールするのはこの次からです。まず、形式的なところをしっかりと書いた後に自分のことを伝えるのは志望動機を伝える上で非常に重要なテクニックになってきます。

リーダー経験があれば、リーダー経験を書こう

日常生活を送っている上で、リーダー経験をしていると非常に大きなアピールポイントとなります、何故、リーダー経験が求められるかというと、家庭教師はリーダーと同じように判断を下し、指示するということが業務上求められるからです。リーダー経験があって、部下や部員に対してどのように考え、判断を下し、指示を出したのかのストーリーがあると非常に強いです。

リーダー経験がなければ、自分なりに動いた経験を書こう

家庭教師バイトを行う上で、リーダー経験を志望動機に入れられない人の方が多いですよね。でも大丈夫です。そういった場合には、どんな事柄でもいいので、自分で判断して行動した経験を書きましょう。
例えば、旅行が好きなら値段を見ながら、交通機関を選んだといった簡単なストーリーでもいいです。自ら動いた経験は少なからず誰しもにあることなので、自分の記憶から掘り起こして伝えるといいでしょう。

自分の実績もアピールするべき

家庭教師センターによってはご家庭が先生を選ぶためにPR文などで志望動機を聞かれるパターンもあります。そういった場合には、自分がどのように勉強をして、どのような成果を収めたのかということをしっかり記載すると指名が多く取れる傾向にあります。ご家庭としては未経験の方でも、しっかりとした自分なりの実績が志望動機に書かれていると安心するものです。その安心から、指名につながることは非常に多いので是非実践してみてください。

まとめポイント

いかがだったでしょうか。

今回の記事のポイントは以下の通りです。

・志望動機の大前提は教えることが好き・子供が好きということ
・自分から能動的に動いた経験を伝えること
・PR文には自分の実績を載せると効果抜群

志望動機は自分をアピールする大事なところです。家庭教師バイトをしたい場合には必ず力を入れるべき内容になってきますので、この記事を見てしっかりとした志望動機を作ってみて下さい。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

新着記事