7万人登録突破!
メニューを開く
家庭教師登録フォーム(無料)
大学生のバイトは家庭教師?それとも塾講師?

大学生のバイトは家庭教師?それとも塾講師?- どっちがおすすめなの? -

大学生にとって代表的なバイトである家庭教師と塾講師。結局どっちがおすすめなのか疑問に思う方も多いですよね。そこで今回は、結局どっちがおすすめなのかを理由を交えて解説します。この記事を読むと、バイトを選ぶ際の判断基準が分かるので是非最後までご覧ください。

大学生におすすめなバイトは家庭教師?塾講師?

家庭教師と塾講師というバイトはどちらも高時給が魅力的なバイトです。しかし、おすすめ度合で言うと家庭教師に軍配が上がりそうです。この理由に関してここでは詳細に解説していきます。

塾講師のバイトは場所に縛られやすい

塾講師バイトの欠点は、家庭教師バイトと異なり場所に縛られることです。基本的に塾はこちらから出勤して生徒に教えることになるのと、面接に通って入ってみたはいいけど結局人間関係が最悪だったということもありえます。
その点、家庭教師バイトは基本的に一家庭一家庭と末永くお付き合いしていくことになるバイトで、場所も請け負う時点である程度希望を出すこともできます。またプロフィールなども詳細に出してもらえることが多く、聞いていたのと違うということはほとんどありません。無駄な人間関係も少なく非常にやりやすいバイトの一つです。

家庭教師バイトは掛け持ちが近隣でもできる

家庭教師バイトは一個人の勉強を支えることになるので、近隣でまた違う生徒を受け持つということもできます。一方、塾講師の場合は競業避止義務が契約上絶対になることが多く、近隣の塾で掛け持ちを行うことがほとんどできません。
この点において、家庭教師バイトは大きなアドバンテージを持っています。掛け持ちを行うことがカンタンであり、業務経験を早く積むことができるので一人立ちもすぐにできますよ。

家庭教師バイトは意外と稼げる!?

家庭教師バイトは塾講師と比べても時給が高く設定される場合が多く、掛け持ちをすることで塾講師以上の金額を稼ぐことも可能です。塾講師に関しては、塾の講義時間のみバイトをするといった形態が多く、そこまで多くの時間入ることはできません。
また、集団授業形式の塾講師バイトはそれまでに授業準備を自分で行う場合も多く、基本的にその間の時給は発生しないことがほとんどです。掛けた時間に対して返ってくる対価が非常に薄いのも塾講師のデメリットですね。

塾講師は指導以外の業務を任せられることもある

塾講師としてよくありがちなのが、校門前配布などをアルバイトの先生に依頼することです。中にはポスティングなども依頼する塾もあるようです。この点は指導を行いたいというアルバイトの先生と塾との間にミスマッチが起こりやすい点ですよね。
しかし、家庭教師バイトは指導だけに集中することができます。集客などの雑多な仕事は全て家庭教師センターが行ってくれているため、家庭教師の先生が代理で行うことはなく、指導に集中することができます。

まとめポイント

いかがだったでしょうか。

今回の記事のポイントは以下の通りです。

・家庭教師と塾講師なら家庭教師がおすすめ
・塾講師は色々な制約があって意外と稼げない
・家庭教師なら指導に集中することができる

大学生のバイト選びにおいて、塾講師か家庭教師かという選択は多くの大学生が迷う問題です。でも、大学生なら色々と制約のある塾講師を選ぶよりも、家庭教師バイトを選んだ方が幸せに大学生活を送ることができそうですね。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

新着記事