7万人登録突破!
メニューを開く
家庭教師登録フォーム(無料)
家庭教師先の中学生と仲良くなる方法は?

家庭教師先の中学生と仲良くなる方法は?- 必ず徹底すること3選! -

家庭教師バイトを行っていると、気になるのは生徒と仲良くなる方法です。同年代とはすぐに仲良くなれる先生でも歳が離れた生徒とすぐに仲良くなれる先生は少ないでしょう。仲良くなる秘訣は様々ありますが今回の記事ではその中でも特に重要なポイントを三つ紹介します。この記事を読むことで誰でも簡単に生徒と信頼関係を結ぶことができるので最後までご覧ください。

家庭教師先の中学生と仲良くなる方法3選!

家庭教師先の中学生と仲良くなるポイントは三つです。同年代の人と仲良くなる際に、どういったことを話しているかについて着目してみるとよくわかります。結論としては、個人の情報を知ること、共通点を見つけ出すこと、そして自己開示をすることです。
たったこれだけのポイントを抑えることで、中学生の生徒と仲良くなることができるので、是非実践してみて下さい。

まず相手の部活動などの個人についての情報を知ること

家庭教師の先生が生徒と仲良くなる際に、もっとも重視して欲しいのが、個人の情報を集積することです。例えば、生徒の部活動や、血液型、好きな食べ物や将来の夢など様々なことです。おすすめはこれらの情報をノートに書き写しておくことです。どうしても全ての情報を記憶しておくことはできないので、毎回の家庭教師バイトの前に見ておくといいでしょう。
この集積した情報をもとに、家庭教師先での雑談や指導方法を考えていくので、とても大切な情報源となりますよ。

共通点を見つけ出して話すこと

どんな話をしたらいいかが分からなくなったら、先程話したデータをもとに、共通点を探し出すといいでしょう。共通点があれば話の展開が簡単になります。特に、出身中学が同じだったり、目指す高校が同じだったりすると、生徒との心理的距離はかなり狭くなります。
その他にも、趣味が同じだった場合などには、生徒に教えてもらうことで親近感が湧くものです。 この話の展開は、意外と気づいていないだけであなたも友達と行っていることなので、意識せずとも、個人情報データを集積していく過程で気づくことができる可能性が高いですよ。

プライベートな雑談を指導中に挟むこと

次に意識して欲しいのは、プライベートな雑談を指導中にはさむことを意識的に行うことです。60分の授業であれば、最初の5分などがいいでしょう。その際の話す内容は、次の2点がポイントです。

• 先生のプライベートについて
• 生徒と先生の共通な趣味などの話であること

生徒が理解できる範囲で、先生のプライベート事情を話すと二人の間で秘密が共有され、親近感がアップします。この雑談を考えるというのは、難しく感じるかもしれませんが、最初に取得したデータを基準にして考えると、意外とたくさん話すことがあるものですよ。

仲良くなることで指導効果もアップします!

『生徒と仲良くならなくても、成績が上がればいいのんじゃないの?』と思われる先生もいるかもしれません。でも、生徒が先生の言うことを聞いてくれるためには、信頼関係が必要です。
では、信頼関係を高めるための施策として一番効率がいいのは何かというと、『生徒と仲良くなる』ということです。この状態をキープできれば、より高い確率で指導効果アップも期待できます。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回の記事のポイントは以下の通りです。

• 生徒と仲良くなるためのポイントはデータをまず手に入れること
• データをもとに話を展開すれば仲良くなる確率大!
• 指導効果をアップさせるためには仲良くなることが近道かも?

中学生と仲良くなるためには、あなたが友達を作る際に行うことを少し応用すれば簡単です。指導に行き詰まった先生も、上記の方法でまず生徒の信頼を獲得すると意外と近道になるかもしれません。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

新着記事