7万人登録突破!
メニューを開く
家庭教師登録フォーム(無料)
エントリ! 家庭教師バイトのすすめ はじめての家庭教師 家庭教師先の小学生と仲良くなる方法は?

家庭教師先の小学生と仲良くなる方法は?- 何があっても怒らないことが重要です! -

小学生の生徒と仲良くなる方法は結構難しいと感じていませんか?年齢差があって、相手が何を考えているかわからないと感じるものです。でも、家庭教師先のお子さんとは仲良くなりたいですよね。そこで、今回の記事では家庭教師先の小学生と仲良くお伝えします。この記事を読むことで、 どこでも使えるテクニックを学ぶことができるので最後までご覧ください。

小学生にとって先生は怖い存在

まず大前提として、あなたが小学生の生徒のことを分からないと感じていると同時に、相手もあなたのことを分からないと感じています。それに加え、かなりの年齢差があり、怖いとさえ感じているでしょう。小学生にとって、年上の先生は意外と怖いものなんです。
そういった状況であまり笑顔を見せなかったり、仏頂面を見せていては余計に怖がらせるだけです。 まずは、笑顔を作って話すことから始めてみることが大事です。笑顔で話しつつ、次の項目で解説するテクニックを使うとより親密になっていきますよ。

仲良くなるためには徹底的に褒めること

ここからは、仲良くなるための効果的な誰でも使えるテクニックを一つだけお伝え致します。意外に思われるかもしれませんが、小学生の生徒が『なんとなくやっている』ことを褒めて上げることです。
例えば、時間通りに着席している、宿題をやってきた、お礼が言えたなど、当たり前のことを褒めてあげて下さい。これを実践することで、相手はあなたに心を開き色々なことを話してくれるようになりますよ。

あなたの当たり前の基準を下げることがまず必要です

このテクニックを使っていくためには、あなたの当たり前の基準をまずは下げることが重要です。小学生から家庭教師を依頼する生徒は、本当に勉強が苦手な生徒が多い傾向にあります。こういった生徒にとって、着席するや宿題をやってくるということは、苦労が多いものなんです。
そこで、あなたがそれを当たり前と感じてしまうと『褒める言葉』が出てきません。当たり前の基準を下げることで、しっかりと褒められるようにしましょう。

何度も同じ失敗をしても根気強く教えてあげること

また、褒めると同時に根気強く、不機嫌にならないで指導しつつ『前よりできたこと』をほめることも大事です。スモールステップを踏みながら、これはできたから、次はこれに挑戦してみようという風にするとよいでしょう。一つ一つ、できたことを褒めてあげることで、次もきっとできるという自信が生徒の心の中で育っていきますよ。

小学生への指導は時間がかかるものです

最後に、小学生への指導は非常に時間がかかるものです。指導を通すことで、親御さんがどれだけ苦労して子育てをしているか垣間見えるはずです。その経験を活かしながら、中学生や高校生の生徒への指導を行えば、きっと良い家庭教師の先生として評判を呼ぶことになりますよ。こういった指導経験を通しながら、よりスキルアップしていってくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回の記事のポイントは以下の通りです。

• 小学生のことがわからなくても笑顔で話すこと
• とにかくできたことに対して褒めること
• 小学生への指導は時間がかなりかかってくること

小学生への指導を通して、生徒のことが分からないと感じる家庭教師の先生も多いです。でも、実際はコミュニケーションが足りていないだけかもしれません。まずは、笑顔で話すことから実践し、徐々に褒めることを増やしていくといいですよ。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

新着記事