7万人登録突破!
メニューを開く
家庭教師登録フォーム(無料)
家庭教師の中学理科の教え方は?

家庭教師の中学理科の教え方は?- 分野別攻略法を徹底伝授! -

家庭教師の先生が、中学校理科を教えるとなると何から教えたらいいのか疑問に思ってしまいますよね。特に中学理科は苦手な生徒も多いので攻略法をしっかりと知っておきたいところです。そこで、今回の記事では中学校理科の教え方について詳しく解説していきます。この記事を読むと分野別の攻略法が分かるので是非最後までご覧ください。

中学校理科は苦手な生徒が多い

まず大前提として、中学校理科を苦手とする生徒は非常に多いです。たとえば、多くの生徒が苦手とするのが物理分野や化学分野です。特に計算が入ってくる分野が非常に苦手な生徒が多いので教えてほしいというご家庭も多いです。だからこそ、家庭教師の先生はこれらの教え方について一定の教務能力が必要とされているのです。

問題は小学校算数になることもある

ちなみに現在の中学校理科の分野で、計算が必要とされる分野は小学校の算数が苦手だとかなり苦戦する分野ばかりです。例えば、物理分野の圧力問題では平方センチメートルを平方メートルに変換するところで躓く生徒が多いんですね。
こういったちょっとした知識の差でテストでの点数差が顕著に表れてくるんですね 。小学校の算数は意外と大人でも苦戦するところが多いので、最低でも比を使った問題や、割合の問題、面積変換の問題にざっと目を通しておいてくださいね。

家庭教師の先生が中学校理科を教えるパターン3選

さて、家庭教師の先生が中学校理科を教えるパターンをここでは解説していきます。理科の分野は色々ありますが、主に暗記が主になるものと、理解が必要になるものに分かれます。より具体的にいうと、生物と地学分野は暗記、化学分野は暗記半分、理解半分、物理分野は理解がほとんどというイメージです。では、早速見ていきましょう。

生物・地学分野

生物・地学分野は、正直なところ暗記がほとんどです。地層や地震などの一部を覗いてほとんどが計算を必要としないところが多いのが特徴です。ここではまず暗記を最優先にして、基礎的な点数を確保しつつ、ちょっとした計算に対応できるようにしておくだけでも定期テストは万全です。

化学分野

化学分野は細かい計算が多いイメージです。酸化還元反応などでその傾向が見事に見てとれますよ。ただし、化学式やBTB溶液などの反応は完全に暗記分野なので、まずは基礎の得点をきちんと取れるように徹底したいところですね。

物理分野

物理分野は電磁誘導やエネルギーの一部以外のほとんどが計算が必要となり、苦手な生徒が続出する分野です。ここの攻略法としては、原理原則に則って理解を促す他ありません。そして公式を導出するのではなく、覚えてきちんと使いこなせることが重要です。自然現象の理解は必要ですが、計算に必要な公式を理解して使用する必要は全くありませんよ。

まとめ

今回の記事では、中学生理科の教え方について解説してきました。

理科は計算が必要になってくると一気に苦手となる可能性が高いです。そういったときに家庭教師の先生が対応できればこれだけ心強いものはありませんよ。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

新着記事