7万人登録突破!
メニューを開く
家庭教師登録フォーム(無料)
エントリ! 家庭教師バイトのすすめ はじめての家庭教師 高校受験★社会の教え方

高校受験★社会の教え方- 家庭教師はペースの調整役! -

『高校受験の社会って暗記だけじゃないの?』
『社会の受験指導ってなんだか良く分からない…』

こんなお悩みはありませんか?
受験指導で社会を受け持つとなると、暗記だけをしておけば良いのではないかと疑問に思ってしまいますよね。その暗記についても、先生の役目はペース配分となることが多いです。しかも、昨今の受験社会事情は確実に変わってきていることをご存知でしょうか?
そこで今回の記事では、高校受験の社会の家庭教師の教え方について詳しく解説していきます。この記事を読むと、生徒の社会の点数が確実にアップしますので是非最後までご覧ください。

高校受験社会の各分野ポイントは?

高校受験社会で教える各分野のポイントはどのようなものがあるのでしょうか?このポイントを押さえることが、受験指導の第一歩です。
各分野の知識をインプットしておくと、受験生からの勉強法のアドバイスにも対応できるので是非覚えておいてくださいね。

地理

高校受験社会における地理の分野は、暗記というよりも暗記した知識を使って資料の読み取りを行うことが多いです。後ほど詳しく解説しますが、これは知識の使い方を試されるということです。
そのため、暗記ばかりに時間を割いていると、受験当日にほとんどの問題が解けないという事態が起こってしまいますので、速習をして演習を行いましょう。

歴史

続いて歴史については、まだまだ暗記が有効です。
ただし、大学受験の傾向が色濃く反映されると、年代的に同時期に起こっていることについて横の流れを掴む必要も出てきます。現在の高校受験の社会では、ただ単純に暗記を行えば点数となりますが、今後の受験傾向には要注意です。

公民

最後に公民についてですが、公民は暗記と理解のバランスが必要です。
単純に単語を答える問題であったり、資料の読解を行う問題がバランス良く配置されるからです。特に現在の日本の現状を読み解きながら、問題点をピックアップするような記述式の問題も配置されているので注意して対応するようにしてください。また、時事問題に対する理解もしておかいないと点数を稼げない点に要注意です。

家庭教師が高校受験社会を教えるポイント3選!

では実際に家庭教師が高校受験社会を教えるポイントについて解説していきます。
ここでは3点に絞ってお話していきますが、結論としては家庭教師の先生の役目は生徒のペース配分をきちんと守ることです。受験学年から一年間を通してどのように勉強を教えていくのかを解説していきます。

生徒のペース配分が大切

まず第一に、先ほどもお話ししたように生徒のペース配分が大切です。受験社会の勉強方法としては、一番初めに暗記がくるということは、多くの先生が知っていますよね。でも、先ほどの地理分野の解説でお話ししたように、昨今の受験問題では演習を積み重ねないといけません
具体的には、夏から秋にかけて1・2年分野の知識を詰め込み、それと並行して公民の知識をつけて行きます。そして、11月頃から大量の問題演習を行い、資料の読み解きができるようにしていきましょう。

速習して問題演習を大量に行う

先ほどもお話ししましたが問題演習を大量に行うことは、社会の受験勉強においても重要です。しかしながら、公立中学校に至っては3年生後半まで、学習が進むのが大半です。
そこで重要なのが、全学年分の知識を速習することです。
実際に社会で高得点を取っている生徒は、春頃から公民の勉強を始めていたりしますよ。ここに限っては、先生の講義も含めながら生徒に時間を取らせて取り組ませましょう。

【ピンチの生徒向け】受験後半期では、歴史の詰め込みを行おう

社会の点数がなかなか上がらず、ボーダー点数を超えることができないという生徒には、受験直前期における歴史の詰め込みが有効です。受験の天王山である夏休みなどに、勉強を十分行えなかった生徒はこの方法が特に有効です。お手軽に点数アップを演出できるので、ピンチの生徒に限って活用するようにしてください。

受験社会の変化のポイント!これだけは押さえておこう

高校受験社会の変化のポイントは、年々難しくなってきているということです。資料の読み取りにおいては、割合の計算を行わなければならず、 様々なところで小学生時代に苦手としている生徒が多い、割合が試されます。簡単な計算を行わなければ解けない問題が非常に多くなってきており、本来の社会科学として姿を取り戻しつつありますが、着実に難化している傾向が見てとれます。
もし、先生が旧来の社会の勉強を行うように指導している場合には、一度受験問題を見てみることをおすすめしますよ。

まとめ

今回の記事では、高校受験における社会の教え方について解説してきました。社会と言うと苦手な生徒が多い分野ではありますが、長期的なカリキュラムを組めば確実に点数アップを望めますよ。この記事を読み受験指導の励みとなったら幸いです。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

新着記事