7万人登録突破!
メニューを開く
家庭教師登録フォーム(無料)
エントリ! 家庭教師バイトのすすめ 大学生は必見 大学生 テスト期間はバイトを休むべき?

大学生 テスト期間はバイトを休むべき?

『大学のテスト期間なのにバイトで忙しい!』
『バイトをどうやって休めば良いの?』

こんなお悩みありますよね。
大学生ともなると生活費だけでなく、サークル費やコンパ代など何かとお金が入り用となります。特にテスト期間は、学業とバイトの両立で悩む学生も非常に多いです。

しかし、結論から述べるとテスト期間中のバイトは休むべきです。この記事では、テスト期間にバイトを休むべき理由とバイトを休む際の注意点について解説していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

テスト期間は休むべき!その理由とは?

冒頭で述べたようにテスト期間のバイトは休むべきです。その理由について詳しく見ていきましょう。

留年などになった場合には、結局お金がかかるから

大きな理由の一つは金銭的な損失が大きいからです。
もし、テストで重要な単位を落としてしまい、もう一年大学に通う必要になったとしたら、国立大学では約53万円、私立大学では国内平均で90万円近くの年間授業料が追加で掛かります。バイトの収入で補うには大きすぎる金額ですよね。
目先のお金に囚われて、大きな損をしてしまわないように気を付けましょう。

大学在学中の成績が必要な就職先があるから

テスト期間にバイトを休むべきもう一つの理由は、就活生に「成績証明暑」の提出を求め、大学の成績を就活生の評価対象の一つとする企業が存在するからです。大学の成績であるGPAを見て、物事に真面目に取り組む人間性や業務に対する向き不向きを判断するんですね。

面接の態度が真面目であっても、大学の成績が悪ければ口先だけの人間だとみられてしまいます。特に、専門的な知識が必要とされる理系の学生は学科の成績が企業に評価されがちなので要注意です。

そもそも休ませてくれない職場は問題あり!

テスト期間にバイトを休むべき理由について解説してきましたが、バイト先が学生を休ませてくれないということもあります。そういったバイトは、学生の学生生活を崩壊させるブラックバイトの可能性があります。
バイトといった立場にもかかわらず、シフトを強制的に決められたりするのであれば、職場を変えることも考えるべきですよ。

テスト期間を休む際の注意事項について

では、実際にバイトを休む際にはどういったことに気を付ければよいのでしょうか。この項目では、バイトの休む際の注意点について詳しく解説していきます。

シフト提出時に必ず申告を行うこと

まず気を付けることは、シフトを提出する際に必ず事情を伝えることです。前もってバイトのシフトが空くことが分かって入れば、シフトを管理する側も調整がしやすいですよね。事前になって、突然休むと伝えてしまうと、バイト先にも迷惑が掛かってしまいます。
無理なく休みが取れるように、必ずシフトの提出時には申告を行うようにしましょう。

面接時に確認を行うこと

バイトの面接を受ける際に、テスト期間にバイトを休むことができるかどうか、事前に確認をしておくことで、トラブルを避けることもできます。その時点で、テスト期間に休むことが難しいと分かれば、残念ですがそのバイトは避けるべきでしょう。
前もって、休むことができると知っていれば、悩む事無く休みの申し出を出すことができますよね。

あなたが抜けたシフトを埋めてくれた人には必ずお礼を言うこと

最後に、あなたの代わりにシフトに入ってくれた人には必ずお礼を言うようにしましょう。テスト期間というのは学生としては休むべき正当な理由です。しかし、その休みというのは店や他のバイトの好意によって成り立っています。
テスト期間というのは何度も来て、その度にお世話になる可能性が高いので、他の人との人間関係を築いておくことは大切です。しっかりとお礼を言って、感謝の念を伝えるようにしましょう。

まとめ

今回は、大学生のテスト期間のバイトを休むべき理由について解説していきました。
もし、テスト期間に無理にバイトを入れ、悪い成績を取ってしまったり、留年したりすると、学費や就職の面で大きな損をしてしまいます。目先の利益に吊られず、しっかりと学業に専念するようにしてくださいね。

新着記事