7万人登録突破!
メニューを開く
家庭教師登録フォーム(無料)
エントリ! 家庭教師バイトのすすめ 大学生は必見 大学生が高給を稼げるアルバイトは?

大学生が高給を稼げるアルバイトは?- おすすめバイト5選! -

「バイトでお金を稼ぎたいけれどあまり時間を掛けられない…」
「時給の良いアルバイトについて詳しく知りたい!」

こんな疑問やお悩みありませんか?
レポートやゼミ、サークル活動などに追われて、アルバイトにあまり時間を掛けられない大学生の方もいますよね。なにかとお金が必要となる大学生活、できるだけ短い時間でお金を手に入れようと考えるのであれば、時給の良いアルバイトを探さなければいけません。
そこで、今回の記事では大学生におすすめの高給バイトについて解説していきます。高給バイト選びのポイントも合わせて紹介していくので是非最後までご覧ください。

高給バイトを見つけるポイントは?

具体的な高給バイトの例を紹介する前に、まずは高給バイトを探すためのポイントについて解説していきます。

全国の平均賃金を知ろう!

高給かどうかの基準を考えるには、比較対象を作ることがまず重要です。全国の最低賃金を平均した場合、902円が最低賃金の平均金額となります。
よく高給バイトだと紹介されている求人の時給が1000円以上となっているのは、全国の最低平均賃金が約900円であることが原因です。都道府県によって多少の差異はありますが、大体900円を基準にして時給の高い低いが決まることを覚えておきましょう。

時給を基準に考えよう!

また、高給を狙うにあたっては必ず時給換算でバイトを選ぶことが大切です。
日給8000円などと紹介されている求人がよくありますが、日給表記の求人は決められている一日の労働時間によっては最低に近い時給になってしまうことも珍しくありません。時給をしっかり見ておかないと、長時間働いた割には大して稼げていないという事態を巻き起こしてしまいます。アルバイトで高給を目指すので、必ず時給を基準にして納得できる金額のバイトを選びましょう。

おすすめの高給バイト5選

この項目では、おすすめの高給バイトの具体例を紹介していきます。

イベントスタッフ

単発や短期のバイトで高給を狙うのであれば、イベントスタッフがおすすめです。
イベントスタッフの仕事内容は、イベント会場での案内や受付、会場整備など多岐に渡りますが、一つ一つの仕事は簡単なものが多い傾向にあります。体力勝負な場面もありますが、時給としては1000円以上が付くことやイベントの裏側を除けることもあって人気のアルバイトの一つです。短期・単発の多い仕事なので、予定が安定しない大学生向けの高給バイトとなります。

家庭教師・塾講師

大学生の高給バイトの代表格といえば家庭教師や塾講師のアルバイトです。
医学部や難関校の受験指導ができるのであれば、他のアルバイトの数倍の時給を引き出すことも可能で、普通の指導ができるだけでも1200円~1300前後の時給を稼ぐことができます。家庭教師と塾講師の大きな違いは必要となる交通時間で、家庭教師で稼ぐ場合には移動時間をあまり掛けないように一つの地域で集中して生徒を受け持つなどの工夫が必要です。

土方

建設現場などの工事作業で働く土方も高い時給を得ることが可能です。
土方の給料は日給で示されることが多く、時給換算で1000円~1500円程度の時給を稼ぐことができます。ただし、日給のバイトが多く、1時間の休憩も含めて9時間ほど拘束されることも多いため、学生が入れる日が土日や長期休暇中に限られることには注意が必要です。

パチンコスタッフ

意外と知られていないことが多いですが、アミューズメント施設の中でもパチンコスタッフの時給は高く設定されています。
時給が1000円を下回ることはほぼなく、一定の期間務めることでバイトでも賞与がもらえるお店も多いです。ただし、パチンコ玉の運搬などの力仕事やパチンコ台の整備といった体力的にも神経的にも疲れる仕事でもあります。意外と重労働な仕事なので、アミューズメント施設だから楽に働けるという考えは持たない方が無難です。

夜間バイト

コンビニなどの24時間営業のお店や、施設警備員などで夜間のアルバイトを入れることも短い時間で高い時給を稼ぐ方法の一つです。これらのバイトは基本給こそ普通のバイトとあまり変わりがありませんが、夜間にバイトを入れることで割増賃金を得ることができます。
具体的には、午後10時から午前5時までの労働においては最低でも基本給の25%以上が深夜手当として付くように法律で決められています。しかし、割増賃金を狙って深夜にシフトを集中させる人も多いので、競合相手には注意しましょう。

まとめ

今回は大学生におすすめの高給バイトについて紹介しました。
なにかと忙しく、かつお金がかかる大学生活、できるだけ短い時間でお金を貯めたいと考えるのは当然のことです。今回紹介した記事を参考にバイトと大学生活の両立をぜひ頑張ってください。
最後までご覧いただきありがとうございました。

新着記事