7万人登録突破!
メニューを開く
家庭教師登録フォーム(無料)
エントリ! 大学生バイトの税金ってなに?

大学生バイトの税金ってなに?

「稼ぎ過ぎると大学生でも税金を払わないといけないって本当?」
「どれくらい稼いだら税金が掛かるか教えて!」

こんな疑問やお悩みありませんか?
今までに比べて自由な時間が格段に増える大学生活、バイトで稼ぎ過ぎてしまうと税金を支払わなければならないのではないかと心配する学生の方もいますよね。
そこで、今回の記事では大学生バイトの税金について紹介していきます。稼げるおすすめのアルバイトも併せて紹介していくので、是非最後までご覧ください。

大学生が知っておきたい税金の知識とは?

まずはどれほど稼ぐと税金が発生するのか、分かりやすく解説していきます!

103万円の壁って?

大学生バイトの税金を調べると真っ先に挙げられるのが「103万円の壁」というキーワードです。
基本的にはこの103万円という金額を越えない限り、税金は発生しないと考えても大丈夫だと考えても問題はありません。少し詳しく説明すると、所得が103万円以下であることには2つの意味が存在します。
1つは所得税が掛からない点、学生が2つ目は親に養われている扶養家族の対象となるので親の税負担を減らせる点です。その他に「106万円」や「150万円の壁」等もあり、親の扶養から外れて健康保険料の負担が増えたりするといった、学生あるいは学生の保護者の負担が増えていきます。難しそうだと感じるのあれば、負担が発生し始める基準として、103万円という基準だけを知っておけば良いです。
所得税による支出を減らし、親の税負担を増やしたくないのであれば大学生の年収は103万円以内に納めるようにしましょう。

業務委託なら48万円を意識する

また、最近の大学生がよく行っているライティングやプログラミングなどの技能を利用した業務委託の仕事は、給与所得ではなく事業所得の扱いを受けるため、実は48万円以上の金額を稼ぐと税金を支払う必要が発生してきます。
そして、事業所得も先ほどの103万円の内訳に入れられます。通常のアルバイトと業務委託系のアルバイトを行っていくのであれば、事業所得を48万円以下に抑えつつ、通常のバイトの収入を併せても103万円を越えないように気を付けましょう。

稼げるバイトを紹介!

この項目では、税負担が発生しないぎりぎりのラインまで稼ぎたいという学生に向けて、大学生におすすめの稼げるバイトを紹介していきます。

家庭教師

家庭教師は大学生でも高時給を実現出来るバイトの代名詞と呼べる存在です。
生徒に勉強の方法を教えたり、テスト対策をしてあげたりする仕事で、教える対象は小学生から高校生まで非常に広範囲に渡ります。教える内容が難しければ難しいほど時給は高くなる傾向にあり、難関大学の受験指導を行えるのであれば、他のアルバイトの数倍の時給をもらうことも難しくはありません。
また、小学生を対象とした簡単な仕事であっても、普通のアルバイトよりも数百円程度高い時給で働き始められます。難点としては、授業の準備や通勤に掛かる時間に関しては時給が発生しないため、効率よく働く環境を整えないと思ったよりも稼げない場合がある点が挙げられます。

パチンコスタッフ

意外と知られていませんが、パチンコ店のスタッフも意外と時給が高めに設定されています。
その上、半年や1年といった決められた範囲の間勤務を続けると、一時金と言ってバイトであってもボーナスが支給される例も珍しくはありません。ただし、大音量の店内で体力が要求される仕事を任される点には注意が必要です。
具体的な仕事内容としては、店内の清掃やパチンコ玉の入った箱の移動などを行うホールスタッフや、景品交換や電話対応を行うカウンタースタッフ等があります。カウンタースタッフであれば力仕事はあまり必要とされませんが、比率的にホールスタッフの人数が多いため、必ずカウンタースタッフに入れるとは限りません。体力に自信がなければ選ばない方が無難です。

夜間警備員

実は夜間警備員の仕事も高時給となりやすいバイトの一つです。
基本給こそ他のバイトとあまり変わりませんが、夜10時以降の仕事には夜間手当が付けられるように法律で定められているため賃金を割増で受け取れるからです。また、たくさんのお客さんの相手をする接客業とは異なり、関係者以外との交流は基本的に持たないため落ち着いて働ける点もポイントとなります。
ただし、昼夜逆転の生活は大学生活に大きく悪影響をもたらす恐れがあるので、休養日を入れるなどのセルフコントロールを欠かさないようにしましょう。

まとめ

今回の記事では、大学生の税金と稼げるバイトについて紹介していきました。
税負担が発生するかどうかの大きな基準となるのは収入103万円という数字です。おすすめしたアルバイトを参考に、負担が発生しないぎりぎりのラインまで稼いでいきましょう。
最後までご覧いただきありがとうございました。

新着記事