7万人登録突破!
メニューを開く
家庭教師登録フォーム(無料)
家庭教師アルバイト登録サイト【エントリ!】 家庭教師バイトのすすめ はじめての家庭教師 家庭教師必見!小学校高学年の生徒に教えるべき効果的な勉強方法

家庭教師必見!小学校高学年の生徒に教えるべき効果的な勉強方法

『小学校高学年の子に効果的な勉強方法って何があるのかな?』
『宿題の習慣がついていないけど大丈夫かな?』
『自ら宿題をしてくる生徒に育てるためにはどうしたらいい?』

こんなお悩みありませんか?
家庭教師の先生にとって、小学校高学年というと意外とハンドリングが難しくて、教え方に自信が持てないのではないでしょうか。実は効率的な勉強のためには、宿題をきちんとこなす必要があります。
そこで今回の記事では、宿題にフォーカスしながら小学校高学年の効率的な勉強方法について解説していきます。この記事を読むと、宿題を通した自主勉強がなぜ必要になってくるのか、背景から分かるので是非最後までご覧ください。

小学校高学年の効率的な勉強方法は宿題にあり!?

小学校高学年の効率的な勉強方法は宿題にあります。宿題をいかにやっているかによって、その後の中学生から高校生の勉強への取り組み方が変わってくるからなのです。
そこで、この項目では、なぜ小学校高学年には宿題が必須なのかについて詳しく解説していきます。
ポイントは以下の3つです。

・英語が教科化されているから
・その他の教科も順調に文章量が増加しているから
・中学校では定期テストがあるから

では早速、順番に見ていきましょう。

英語が教科化されているから

まず大前提として、2021年度から小学校高学年には英語が必須になりました。必須になるとはどういうことかと言うと、成績表に表示されるようになったということですね。
そのためスピーキングテストが主に取り入れられており、英語が上手に読めるかどうかを確認されます。小学校によって対応はまちまちですが、基本的にスピーキング重視の傾向にあると言っても過言ではありません。
集団で受けている学校の授業中にスピーキングの練習をするには限界があります。家庭での練習が必須になってくるでしょう。

その他の教科も順調に増加しているから

またその他の教科も順調に学習項目が増えていることはご存知でしょうか。
英語のみが取り沙汰されていますが、大学入試改革によって様々な新しい知識を獲得していかなければなりません。学校の授業だけでは到底足りず、必ず自分で勉強する力が必要になってきます。

中学校では定期テストがあり日頃の勉強が重要になるから

そして、宿題という自主勉強がなぜ必要になるのかというと、 中学生からは定期テストが始まるからです。
最近の中間期末テストでは、どんな中学校であっても課題の提出量が多かったり、テスト範囲自体が非常に広いことが多いです。そのため好成績を残すためには、日頃から自主的に勉強を行い宿題も、完璧に提出しておく必要がありますよ。

小学校高学年の勉強方法、ここだけ押さえよう!

この項目では小学校高学年の勉強方法についてここだけは押さえておこうというポイントを紹介します。

・宿題をきちんと行う習慣をつけること
・英単語をとにかく覚えること
・決まった時間勉強すること

では早速見ていきましょう。

宿題をきちんと行う習慣

まず宿題をきちんと行う習慣をつけることは重要です。
なぜなら、先ほどの項目でお伝えしたように、中学校から好成績を残し続けるためには、自主勉強の習慣が必要になってくるからです。その点をわかった上で家庭教師の先生が、小学生のうちに習慣づけるよう指導を行うべきです。

英単語をとにかく覚える

英語の教科化が始まっているということは、英単語の勉強が必須になってきます。もちろん書き取りまで行えた方がいいのですが、まずは英単語の意味を日本語に直せるところから始めておきましょう。
ただ、2021年から2年程度の間は、中学校の直前になってから英単語の書き取りの学習をしてください。なぜなら現在、小学校英語と中学校英語の間にかなりのギャップが生じています。中学校英語では書き取りが中心になっているのに、小学校英語では発音が優先されているんです。
ギャップによって、中学生から英語が苦手になってしまう可能性もあります。生徒に事情を説明しながら、苦手意識を持たせないように注意しましょう。

決まった時間我慢して勉強させる

自主勉強の時間を作らせるためには、ある程度勉強に対する『慣れ』が必要です。この慣れのために、家庭教師の指導中、時間を決めて集中して一人で勉強させてみましょう。
特に勉強習慣がなかった生徒にとっては、最初は苦痛だと思います。でも、先生がきちんと見守りながら、短い時間から始めていけば少しずつ慣れてくるものです。
その成功体験が、彼ら彼女らの『自宅で勉強してみようかな』という気持ちを下支えしてくれますよ。

小学校高学年の勉強をサポートするには
家庭教師の力が必要

特に勉強が苦手な小学校高学年の勉強をサポートするには家庭教師の力が必要です。なぜなら、勉強の姿勢や、宿題への取り組みなど様々な観点から、チェックをする人が重要だからですね。
中学校3年生だと、自らの力で進んでいけるのですが、小学校高学年では自立して勉強できる生徒はほとんどいません。そのため、先生の力がどうしても必要になってきます。

まとめ

今回の記事では小学校高学年の勉強方法について詳しく解説してきました。
小学校高学年でいかに自ら勉強する力をつけてあげられるのかが重要になってきます。家庭教師の先生の力の見せ所でもあり、宿題を通して、自主勉強の習慣が身につけば中学生からの好成績も維持できるでしょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

新着記事